紫式部 シャイで好きを追求 人生と日本文学を変えた 世界最古の長編小説家

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもそんべんです!本日もブログを書いてます!書きたい女性が多すぎて追いつけてないです(^▽^)

1人めが清少納言だったので必ずといっていいほど
ライバルとして上がってくる

紫式部です!
かの有名な世界最古の長編小説『源氏物語』の著者です⭐

f:id:sombem8739:20171123184557j:image




紫式部 『源氏物語』作者の生い立ちとは?

970?978?生〜1014?1016?没

出身地:平安京(京都)
本名:不明(香子かおるこ?)
身長:145cm(当座平均身長146〜151㎝)
体形: 大柄で肉付きのいい、大きな臀部と太めの足,不美人(ヒドイ笑)
性格:内向的

百人一首の歌:巡りあいて、みしやそれともわかぬまに、雲がくれしに夜半の月かな

970 父は藤原為時(ためとき)をもち、
下級貴族の娘として生まれました

為時ダディは歌人、学者、漢詩人として活躍
学校に行かなくても
(学校は明治政府が教育機関として設立するまでないけど)
家で良書名著が
読み放題な家庭に育つ📚📚📚

やっぱり清少納言もそーですけど
父の影響と家庭の影響すごいです(゚∀゚)

わりと、いいづらいけど…

不美人のため?😅😩

結婚はわりと遅め
この時代は10代なかばでの結婚が一般的
紫式部は30近くで 藤原宣孝(のぶたか)と結婚
現在の感覚と近いかな?🤔

ちなみに旦那さんとは
年齢差15〜17と言われてます
宣孝は45〜47くらいかぁ
そして既に数人の妻がいる
ちなみにこの時代は一夫多妻制

なんか大変そうだから応援したくなっちゃうよ!

頑張ッ、式部!(#^.^#)


そして高齢出産し、娘 賢子(けんし)を生みます👶🍼

しかし結婚して2年後
1001年 33歳
旦那が伝染病?により死去します

あれ?応援する間も無く…📣😱

旦那の突然の訃報  まだ赤ちゃんの娘

人生のどん底からの宮中で働くキャリアをつかむ

さあどうする?

今まで培ってきた知識と文才で
逆境を乗り越えようとしたのでしょうか
この頃から『源氏物語』執筆開始 ✏

これが後に 紫式部ちゃん、宮仕えしてみないー?😉
貴族のドン 藤原道長にスカウトされることに

1005年 37歳 宮仕えスタート
中宮彰子様の下で仕え
新しいキャリアを積み始めます⭐

でも清少納言のように出だし好調ではなく
人付き合いシンドイ
内気だし
コミュ力そんな無いし
ってことで宮仕えはちょっとストレス😫😢😫😢

当時は
貴族の人は家族以外に顔を見せることさえ品のないこと
けど宮仕えって儀式や行事がてんこ盛り

なので人前にどうしても出なきゃダメ🙅🙅‍♂️🙅
もう毎日恥ずかしい(//∇//)

  • 為時ダディや弟の出世
  • 道長からのヘッドハンティング
    宮中暮らししんどいなぁ

もうひたすらストレス発散?で『源氏物語』書き書きφ(・

でも彼女の宮仕えのキャリアが作品に大きく生かされます
また既に宮中を去りし清少納言を
ライバル視🔥🔥

違う彼女の作品で
清少納言のことを
「頭いいでしょ?私って感じがしてドヤ顔しすぎよ!」って

けなしてます笑😫

1013年 44歳『源氏物語』を10年かけてfinish

そもそもこの物語も公開用ではなくて
あくまで個人的で周りの人むけ用
口コミで広まりました( ´ ▽ ` )ノ

では彼女その後どうなったのか?

身の回りの状況が一転

仕えてた中宮彰子の旦那 一条天皇の逝去
為時ダディと弟も死去
この頃から紫式部の消息や情報が途絶えます

1014年 45歳 京都で死去

関連書籍☆彡

紫式部から学ぶ生き方とは?

内気な文学少女だった紫式部。今であれば大学にいったり、文学を学び研究する女の子だったかもしれません。
しかし彼女の結婚生活も長くは続きません。
夫の死去を契機?に好きなことを打ち込こみもしかしてそのつらさを忘れようとしたのかもしれません。けどこれが彼女の大きな武器になっていきます。私だったらただただ家にいたり、そんなに裕福でもない家庭で赤ちゃんもいたら生活どうしようとうろうろ迷っていると思います。まず小説書こうという感じにはなりません。彼女との格差がはなはだしいですね( ´艸`)
でも辛い時って自分の好きなことに集中したほうがいいのかもしれません。悩みもストレスも減るし。
そしたら周りが彼女の文才に惚れ込み彼女の人生をも大きく変えてしまう。
彼女が死して1000年余り。教科書で読まれ、世界でも読み続けられるなんて
彼女自身がまさに小説のヒロインのようですね⭐^o^⭐

ではでは
ちゃおちゃお🐾

参考文献 :「紫式部と清少納言」/監修著/酒寄雅志、小西聖一
「日本史有名人の身体測定」/篠田達明

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする