クリスティナ 三十年戦争締結  物臭オタク系スウェーデン女王

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!そんべんです
最近暖かいと思えば
即寒くなってしまってなんだかよくわからない天気が続いてますね( ̄▽ ̄)
そんな天気にも負けず、さっそく本日もご紹介します。

第37人目 クリスティナ




判断力とリーダーシップありすぎる スウェーデンの18歳

1626年 ユリウス歴 「北方の獅子」グスタフ二世 アドルフの王女として生まれる
1632年 11月6日 6歳 父 グスタフ二世戦死→三十年戦争 介入
ドイツへ赴くが死去

三十年戦争とは?
最初は新教VS 旧教の宗教戦争
だったけどいつのまにか
旧教のフランスハプスブルク家の力を弱めさせようという政治色の強い戦争にハプスブルク家 オーストリア、スペインVS反ハプスブルク デンマーク、スウェーデン、フランス、オランダ

6歳でスウェーデンの女王として即位
彼女がどんな子だったのでしょうか(^-^)?

  • 幼い頃から逞しい
  • 誇りあふれる女の子
  • ラテン語ギリシャ語など7〜8国語
  • 文学哲学美術に深く造詣

すごい!才女っぷりがここから出てます!
既に私と会話すらしてもらえないかもしれません( ̄▽ ̄)

1644年 18歳で摂政 優れた政治手腕を発揮
翌年には2年前から続くデンマークとの戦争を終結させ
三十年戦争の講和会議
早期講和を主張する外交官 サルヴィウスを支持
講和条約(ウェストファリア条約)が締結されたことで
スウェーデンは国土や金、国際的な地位など得ます

ここで名門ハプスブルク家はヨーロッパNo.1からの首位を明け渡します。
惜しい( ° ʖ °)

女子力がなさすぎる物臭なクリスティナ

そんなやり手のクリスティナですが
私生活→化粧しない、身なりも質素、趣味である美術品に骨董品や書籍をあつめ
外国の方を真似た宮廷を作り出すために、出費を惜しまなかった

というめちゃ能力がある割には外見があまり気にならない…。

ファッションとトレンドで固めた女子たちよ、

クリスティナになんとかコーディネートしてあげて٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

国内外問わず人材を集めることに熱心で
有能な人だけでなく、能力がそこまで高くない人もいたが、クリスティナは気前よく地位や領地物を与えます。

という太っ腹な性格でいらっしゃる(#^.^#)
大物はさすが違いますね

1649年 23歳デカルトを招聘

デカルトといえば…?数学や哲学で有名ですよね

でもそんな気前のいいクリスティナですが

  • クリスティナの行動で宮廷の維持費は肥大化
  • 国庫の減収、国民の不満は増えて危機的状況
  • クリスティナが婚約者である従兄弟との結婚を蹴り
    彼を後継者とし、財政問題も絡み
  • 国内での不安大

1654年 28歳クリスティナは退位し、従兄弟に王位を
理由:けっこうやりきった感あるわ
やるべき事やったし
とわりと政治に取り組む意欲が減った模様。

完全燃焼モードなクリスティナ。

趣味モード全開なアラサー期へGO☆

そしてカトリックに改宗して
ベルギー、フランス、ローマなどヨーロッパへ

この時ローマで趣味の世界にひたるクリスティナ

クリスティナはどうやら趣味に走る傾向があるのか…!( 一一)

ナポリ得ることを目論むフランス
そんなクリスティナをナポリ王にしようとしますが
なぜかその時、彼女はフランス滞在中に従者の一人を裏切りの罪で告発
フランス政府に死刑を執行させ、周囲を驚かせる

このナポリ王の話は無しに
ポーランド王の後継者として名が上がるも、貴族が反対

クリスティナ実は私生活や侍女との同性愛の噂も

なかなかもうクリスティナの行動が読めないぞ!
今だと腐女子モード全開だなぁ( 一一)

そして段々女王だったとは思えないほどの身なりになり、無礼な印象を与えます。

やっぱ、早い段階でMORE読ませるべきだった…‼︎
せめて春のトレンチコートを薦めとけば…‼︎

そして晩年は芸術振興のため、
文学や芸術のパトロンとして生きます。
1689年 4月9日63歳 死去遺骸
彼女の死後遺骸 サン・ピエトロ大聖堂に

関連書籍☆彡

クリスティナの生き方から学ぶ

めちゃ仕事できるし判断力あって賢いのに女子力低すぎて趣味とかオタ系に走る
かろうじて女子みたいな女王だなっと読んでて感じました。やることを集中してやり、熱しやすく冷めやすいタイプなのかもしれません。でも王家に生まれたからといって必ずしも王位につけるとも限らない。そして王位につけても、政治が出来るかも分からないのに彼女は見事にこなしてしまいます。最後はやっぱ、趣味に走って現実から離れる…。王であることに疲れたんでしょうか?男性ばかりに囲まれて権力や政争にこりごりしたのでしょうか。彼女はアラサーで王というキャリアを捨て、趣味に好きなことに走ります。今のアラサーの転職とは比べ物にならないほどのターニングポイントですね。ある意味クリスティナみたいに趣味に没頭した生き方もありだなって思いました。

ではでは
ちゃおちゃお🐾

参考文献:歴史を変えた!「美女」と「悪女」大全/榎本秋/新人物往来社
世界の「美女と悪女」がよくわかる本/島崎晋/PHP文庫
ヨコから見る世界史/斎藤整/Gakken

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加