ダイアナ妃 伝統を壊して新しいイギリス王室を作ったプリンセス

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビでヘンリー王子の婚約が世界でニュースになってますね!
おめでとうございます╰(´︶`)╯♡

ヘンリー王子のママといえば
偶然にも今読んでる本がその人の伝記なのでご紹介します。
ダイアナ元皇太子妃👑

f:id:sombem8739:20171128202026j:image

亡くなった後も世界で未だに人気
色褪せないダイアナ元皇太子妃の秘密はなんでしょう?

ウィリアムとヘンリー 二人の王子の母

1961年 イギリス東部 ノーフォーク州で生まれる

お家はスペンサー家で名門貴族🤩
でも両親は男の子をほしがってました
両親はケンカばかり😭

1967年 6歳 両親の離婚
父は仕事
姉たちは寄宿学校で家に不在
乳母は怖いし☹️
裕福な家柄だけどいつも寂しい思いばかり(;ω;)

1973年 12歳 全寮制の女子校に入学
この時は恋愛小説が大好き❤
勉強大っ嫌い💔成績落ちこぼれ💔
学校でのボランティアに参加
この時から人を和ませるチカラを発揮してたようです^ ^

1977年 16歳
でも実は姉セーラがチャールズ皇太子のお妃候補🙈👠
ダイアナは一緒にホームパーティにとりあえず参加することに

あー、チャールズ皇太子紳士だな😍
すごい大人なオーラ出てたな😍😍
と恋する乙女モードに

1979年 18歳 学校中退🏫
スイスの学校に入学するも
厳しすぎてやーめーた!

友達と同居、 家政婦や幼稚園の先生を始め
この時は気ままに楽しく過ごしてました\(^o^)/

すでに2回以上チャールズ皇太子もいたパーティに参加
紳士で大人な皇太子にドキドキ💓
あー、振り向いてくれないかなって思ってたら
違うパーティ参加を機に初デートを申し込まれます!

ちなみにこの時 カミラという女性とも色々チャールズ皇太子は関係がありました
でも頑張れ頑張れダイアナ妃😙😙

ちなみにダイアナ妃は今まで付き合ったことありません(゚▽゚)
わー、お付き合いってなんだろって感じですよね!

ロイヤルファミリーとチャールズ皇太子と結婚

1981年 20歳 チャールズ皇太子と婚約
チャールズは13歳年上
そりゃ大人な雰囲気出てるわ🧑

イギリスで皆祝福モード㊗
その頃イギリスは長い不況
サッチャー首相が経済の立て直しで改革中
ちょっと暗かったんで、結婚はやっぱり嬉しいニュース😆😆😆😆

でもここからが大変
なんせ王室

だれもルールや作法を教えてくれない
失敗したら王室にキズが
出来て当たり前、褒められない
周りに辛いっていえない

国民や皆が求めてるのは幸せなプリンセス
チャールズ皇太子が気にするのは周りの目、王室の評価
マスコミにパパラッチ
ダイアナ妃は過食症に😱😱😱😱😱

チャールズ皇太子はちょっと関係があったカミラに気持ちが向きます( ・∇・)

子供も生まれ母として自覚がうまれ

王室だから特別ではなく
王子を保育園に
試合運動場に
大勢の子供と遊ばせる フツーを教育👶👶

単独で慈善活動も行います☘
考えの合わない夫、邪険に扱われた王室

周りから見たイメージと現実が違うことをマスコミに告白
苦しんでいる人に向け
幸せそうなロイヤルカップルでも苦しんでいるんだと🙁😩😫

1986年 35歳 チャールズ皇太子と離婚💔
彼女らしく、制限をなくして生きて行こうとします

離婚後と地雷への挑戦

1997年 36歳
対人地雷禁止運動に参加

使わないドレスをオークションそして寄付
苦しんでいる人々にとにかく活動的😄

1997 8.31. パリで交通事故死 享年36

関連書籍☆彡

ダイアナ妃の生き方から学ぶ

プリンセスであるダイアナ妃を見て喜ぶ国民。ダイアナ妃はイギリス国民にとっての新しいヒロインになりました。
ダイアナ妃が生きていたころのイギリスは社会全体が暗くて重いニュースであふれていたころ。これは今生きる私たちと変わりません。ダイアナ妃がなぜ人気だったのかを考えてみても、王室特有のツンツンした気高い取っつきにくいものを感じず、人として温かく気さくなところそして果敢に変革しようとしたことにあるのかもしれません。
個人的には20代でプリンセスになり、あんな綺麗だったら幸せだろうなと思ってしまいます。けど結婚してからのほうが大変で、ダイアナ妃は体調も精神的にもやられてしまって、何が本当に幸せなのか不透明になります。
でもこれって周りからのイメージ、人の目を気にしないといけない生活になる。
本当に何が幸せなのかわからないし、旦那さんも昔から関係があった人ときれてなかったなんて。
一人の妻、嫁としては人の何百倍もつらい思いをしていた人なんだと思います。
苦しむ人々に一人の人間として活動。そんな様々な苦しみを今までしたから、そして想像できたからやはりダイアナ妃は人の気持ちを汲み取るのが上手だったし、好かれたのかも。
プリンセスになってHappyなのはおとぎ話。
本当のプリンセスは戦うんだと思いました。

ではでは
ちゃおちゃお🐾

参考文献:ダイアナ/監修 君塚直隆 /集英社

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加