クーデンホーフ=カレルギー光子 ヨーロッパの父を生んだ日本人女性 

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!そんべんです(^▽^)

いきなりですが、みなさんの結婚相手に対してどんなことが条件でしょうか?
お金持ち?仕事が安定?優秀?カッコイイ?しかも国際結婚とかかっこいいな(^^♪
とかとかとか色々あると思います。
そんな王子様が目の前に現れないかな〜。と思っている人。
その夢は捨てないでください!
では見てみましょう(#^^#)

今回はクーデンホーフ=カレルギー光子(青山みつ)




東京出身の江戸っ子 光子

1874年 東京牛込(現在 東京都新宿区)で誕生
骨董商そして油屋を経営する父 青山喜八 と母 つね
三女として誕生

オーストリア=ハンガリーの公使館で働き始め
代理公使 ハインリッヒ クーデンホーフ=カレルギーと出会います。

気になる馴れ初めは????ドキドキ(#^^#)
出会いは東京に赴任中のハインリッヒが坂で落馬した時、
通りがかった光子が駆けつけて手当てしてとのこと。

15歳年上のハインリッヒは恋に落ちてしまう…♡♥♡♥♡♥
まず一目ぼれで恋に落ちたい人は馬にのりましょう!
出社も乗馬で☆ヒヒーン、パカパカ

そして1892年 18歳 結婚
旦那さんハインリッヒは広大な領地を持つ伯爵家の当主 貴族の一員です。
もー棚ぼた!棚からぼた餅レベルすごすぎる!(^^)!☆

結婚してから二人の子供が日本で生まれます。
長男ヨハネス光太郎、次男リヒァルト栄次郎
結婚から4年後 代理公使をやめて帰国

イケメンに玉の輿!そして子供二人!
ヨーロッパの強国のひとつであるオーストリア=ハンガリー
その首都 ウィーンへGo☆
(現在ウィーンはオーストリア、ハンガリーの首都はブダペスト)

ちなみに3年前私はブダペストからウィーンまで特急使っていきました!
この区間はバスも出ているので海外旅行なんですが、日帰り感覚で旅行できます(‘ω’)

結婚と社交界デビュー

けどいきなり環境が変わった光子はかなり大変
そして貴族の集まる社交界伯爵夫人としてデビュー
子育てしながら語学の勉強に必死
私の頑張りなんて光子の足元1㎜にもおよばないなあ

  • 東洋人
  • 日本人らしい黒い瞳と髪の毛
  • すらりとしたスタイル
  • 日本人には珍しい八頭身美女

もうそりゃ注目の的です。
モデルみたいですね、ほんと羨ましいポイントありすぎです!

フランス ゲラン社の香水 ミツコは彼女から

一家ハインリッヒの領地であるボヘミア地方(現在のチェコ)
ロンスペルク城へ移ります。そこで相次ぎ5人の子が生まれます
子供が計7人 四男三女
絵にかいたような本当に幸せな家庭ですね(‘ω’)

戦争と未亡人と裁判

しかし幸せは長くは続かず
1906年 32歳 旦那さん死去
心臓発作で急死

ハインリッヒは生前遺書に
全財産は光子に、そして7人の子の後見人にするとのこと

親戚たちは光子の能力を疑い、遺言取り消し裁判起こす
そして親族会議で不満いう人たちに光子は啖呵をきる。
江戸っ子気質が出てまいりました…

1914年 40歳 情勢が悪化 第一次世界大戦 オーストリア=ハンガリーは同盟国
ドイツと共に日本英国などと戦争状態になる
いわば光子は敵の中に孤独でいます
当然周囲からは冷たい目で見られます。
何よあの東洋人、しかもただの東洋人ではなくて、完全に敵国。
アウェーすぎるよ!!!!!!!!!!!!!

頼りにしてた夫はいないし
親戚だって裁判でもめてたし
誰を頼りにしたらいいのよ~。

しかし苦しい状況の中で光子は仮設病院で働き、
兵士になった息子の安否を確かめる旅に出かけます。
そしてドイツ皇太子謁見

1918年 44歳 戦争に負けたオーストリア=ハンガリーは分裂
そんな中でクーデンホーフ家の財産も失い、日本には帰らず、
ウィーン郊外へお引越しします。
たくさんの子供がいましたが最後までついてくれたのは次女だけでした。

財産もないし、家族もついてきてくれない、後ろ盾もない中、祖国に帰せず、
外国で生き抜くことをすでに決意したようですね。

その後はひっそりと生活し1941年 68歳にて死去
けど光子が残したものはこのほかにもありました。

次男 リファルト栄次郎は「パン=ヨーロッパ主義」
国同士で争うヨーロッパを一つにしたい。
それが今のEUにつながります

ヨーロッパ人とアジアの子として世界に国境はない。
ヨーロッパは、世界は一つだとしるす。

これは光子の教えがもとになったとのこと。

今ではヨーロッパ 統合の父と呼ばれ
その母である光子は「ヨーロッパの母」と呼ばれています。

関連書籍☆彡

クーデンホーフ=カレルギー光子の生き方から学ぶ

最初の質問ですが
みなさんの結婚相手に対してどんなことが条件でしょうか?みんなが羨ましく思うような人を旦那さん。
そんな人がが実際にいきなり現れて、しかも結婚。嘘みたいな本当の話です。
華やかなイメージのヨーロッパ。そして超お金持ち、職も安定した優秀な旦那さんを10代で得た光子。
未婚の私からしたらめちゃくちゃ羨ましい!と言うかそう思う人も少なからずいると思います。
でも人生って本当に何があるのか分からないなと教えてくれるのも光子の人生でした。
むしろ結婚してからの方が波乱です。私も含め、結婚に対してふわふわしたピンク色に包まれた生活が待っているのかとどこかで期待しています。
光子の人生を振り返ると、自分の手で全く違う文化や習慣にそして結婚生活を切り拓いていきました。
光子からまるで、思いもよらない結婚とリアルを教えられた気がします。

ではでは
ちゃおちゃお🐾

参考文献:お姫様図鑑/金の星社/ブレインナビ
アラマタ人物伝/荒俣宏/講談社

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする