まつ(芳春院) 人質生活15年 夫と子と家を守り抜く

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、そんべんです(о´∀`о)

何人かやりたいことを実現した女性を見てきました!

今回は妻として母としての生き方を紹介しようと思います(^_^)

5人目は前田利家の妻、まつ!

f:id:sombem8739:20171202082602j:image

出典http://www.nhk-ep.com/simages/product_image_huge/06485AA.jpg?2.1.6
1547年 父  篠原主計(しのはらかずえ)のもと生まれます
パパの読み方 DQNネームばりですね笑
そしてパパは織田信長の家臣

f:id:sombem8739:20171202082244j:image

出典http://www.g-rexjapan.co.jp/ishikawahironobu/archives/1388
主計パパは まつが4歳の時に死去
母の再婚など家庭がバタバタしてて
伯母の嫁ぎ先の前田利昌(としまさ)のもと育ちます

小さいのに大変だなぁ😅😅😅😅
1558年 12歳まつ 結婚
結婚相手 21歳 利昌の四男 利家(としいえ)

ちなみにいとこ(⁰▿⁰)
戦国大名のおしどり夫婦として有名です
子どもも10人以上🧒
なんだかいい家庭になりそう!

でも苦労時代もあり

秀吉•おね夫婦とは仲がよく
味噌や醤油をよく貸し借りしてたらしい
めっちゃ仲良し笑(≧∀≦)
ちなみにおねとは生涯にわたる
大親友に☺

私はちなみに昨日、めんつゆ借りました笑

1583年 25歳  賤ヶ岳(しずがだけ)の戦い
豊臣秀吉VS柴田勝家
この時旦那 利家は主君の勝家サイド
でも愛娘 豪姫は秀吉の養女

迷うわ、迷うわ…….
秀吉仲良しだし、主君(会社の社長)をとるか、家族をとるか😞😞😞😞

はい!やめます!迷って戦局離脱🏃‍♀️🏃‍♀️
最終的には秀吉が勝ちます✌

この時 まつは秀吉に直談判
「ねえ?前に味噌貸したよね?😎夫許して、借り返して!」
と言ったかは不明ですが
とりあえず利家の許しを求め成功します

まつの行動すごいなぁ(‘▽’)

利家に旧領➕加賀(今の石川南部)
領地を与えます
そして尾山城(今の金沢城)にお引越し🏯

f:id:sombem8739:20171220210546j:image

出典http://k-kabegami.com/kanazawajyosakura/4.html
旦那 利家はケチまではいかないけど
や、単刀直入にいえば、うん、ケチ。笑
蓄財派なんですね!

1584年 26歳 佐々成政(さっさなりまさ)
が攻め込んできた時
金銀の入った袋を出して
旦那 利家に「お金貯めこむんじゃなくて、大切な時に槍とか武器とか侍とかに充てろー!」
確かになんのために金貯めてるんだろう…
でも利家もケチケチしてたわけではなく
家来にお小遣い渡してたみたいです。
信長の家臣時代、信長が結構苦労してたのを知ってたので
あんまりハデにするタイプではなかったのかも!

1598年 醍醐の花見という
秀吉 企画の大イベント🌸🍡🌸
ほぼ女性が参加者
秀吉の側室 松の丸殿と淀殿が
どっちが先に杯を受けるか女のバトルに😅😖😫😅

この時 まつが「まあまあ」とか言って
とりあえず場を繕います
わだかまりをなんとかするの上手な人なんだ笑

その年に秀吉が死去

このあと徳川家康と石田三成の対立に….

1599年 旦那 利家も62歳で病死
ここでまつは53歳
出家 芳春院となります

利家が息子 利長に
「3年は加賀に戻っちゃダメよー」
と言ってたんですね。

そして息子 利長はこれを破り帰る笑

家康はこれはラッキー🤞🤞🤞
「徳川家康を暗殺するために加賀に戻ってきたんだ」とでっち上げます

息子 利長
「や、やられたー!は、はめられたー!」という状況に😱😱😱

そこで母としてのまつは
息子のため
家を守るため
事態を収拾するため

人質として江戸に行きます
長い間囚われ15年の人質生活

1614年 68歳 金沢に戻ります

1617年 71歳で死去

関連書籍☆彡

彼女のおかげで関ヶ原の戦いも生き延び加賀百万石と言われるようになったと言えるでしょう🏯🏯🏯

彼女が個人として生きたというよりも
大切な夫や息子、家、城など自分を犠牲にしても守り抜こうとする姿
妻として
嫁として
母として
一国の城のサポーターとして

しなやかだけど勇敢な女性だと思います

そして息子利長  気になる現在は?

ゆるきゃらになってます!

(注意:富山県 高岡市のキャラ)

f:id:sombem8739:20171202094337j:image

出典
http://yurui.jp/archives/51475939.html

ではでは
ちゃおちゃお🐾
参考文献:お姫様 大図鑑 金の星社
乱世を彩った美女 PHP研究所

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする