マリアトラップ 戦時中に音楽に生き 家族と夢を追い映画化に

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーもー!
そんべんです( ´ ▽ ` )
今週末はクリスマス🎄🎅🎄🤶🎄

我がテーブルにもクリスマスツリーが飾ってあります

f:id:sombem8739:20171223073803j:image

星がなかったからか鶴が代替に…笑
誰が置いてくれたんだろうか笑( ˘ω˘ )

クリスマスといえばキリストの誕生祭キリストの母といえばマリア様
マリア様つながりで音楽のマリア様こと

マリア・フォン・トラップ

そうサウンド・オブ・ミュージックの主人公です!

私も初めて見たのはピアノの練習の時だったかなぁ
この映画は作り物ではなく、実際にいた家族と音楽、愛をテーマにした映画です

サウンド・オブ・ミュージックの主人公 マリア

1905年  マリア・フォン・トラップが夜中の汽車の中で生まれる
すごい所でまぁ生まれたなぁ笑(´⊙ω⊙`)

1907年 2歳で母が死去
親戚に育てられ

1911年 6歳ごろ 忙しい海外出張の父とたまに会えるように
愛情を与えてくれる良きパパ👨

しかしマリア・フォン・トラップが9歳の時 父死去
マリア・フォン・トラップは辛さを忘れるため

賛美歌を歌いますが
新しい保護者はそれを快く思いません

1919年 14歳 嫌な家から離れ
先生になるため

ウィーンの郊外でアルバイトして稼ぎ
苦しい生活を

ウィーンでの大学デビューと青春時代そして音楽

音楽の都 ウィーンでは演奏や歌を聴き
友達と遊びまさに青春生活

f:id:sombem8739:20171223075037j:image

私もウィーンにフラフラ旅行してたんですが一人でフラフラしても全く飽きることのない豪華で洗練された建築がたくさんあったなぁ(((o(゚▽゚)o)))

それはさておき
1924年 19歳 マリア・フォン・トラップはハイキング中に
ザルツブルクの景色に感動
そのままダッシュで山を下山し、汽車に乗り、ザルツブルクへ
修道院をたずねシスターになることに決めます

なんという行動力でしょうか笑!!!!!!

シスターとトラップ家

でも修道女になっても
おてんばでヤンチャなので
修道院も手に負えません
院長から10ヶ月くらい外で家庭教師してみたらー?という提案

これがマリアの人生を大きく変えるのです

1926年 21歳 フォン トラップ家に到着 
主人のゲオルクは貴族で元艦長
映画では無慈悲な感じですが
実は優しくて紳士( ͡° ͜ʖ ͡°)

子供は7人

    • かなり行儀や作法もキチキチ
    • ゲオルクの妻が死去

子供を見ると、音楽を演奏すると妻を思い出すので
あまり接しません
裕福だけど愛情を与えてもらえない子供を見て
マリアは自分の幼少期を思い出したのでしょうか?(´°ω°`)

その日から子供と木登り、ボール遊び、
一緒に演奏して過ごすことに
悲しい時に音楽をそしてゲオルクも参加
家族がまた明るくなってきました♬

f:id:sombem8739:20171223080522j:image

ゲオルクは他の人と再婚を考えていて
けどマリアにだんだん惹かれていき

1927年 22歳 ゲオルクと結婚
すごい短期間にトントン拍子だなぁー!
🎶 (^ω^)🎶

迫りくる戦争とナチス

そのころはどんな時代だったのでしょうか?

オーストリアの隣国
ドイツではヒトラーのいるナチスが台頭

おまけにトラップ家は全財産消滅
節約生活スタート

屋敷を一部 宿として貸し出し
若いから人がたくさん集まります

1935年 30歳 音楽の才能溢れる
ブァスナー神父と出会い
毎日楽しくみんなで歌の練習

♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫♪♫し

音楽祭にトラップ一家で参加
そして優勝
ラジオ出演、国主催のイベントで合唱演奏
これを機にヨーロッパの演奏旅行スタート

でも世はヒトラーや戦争一色

オーストリアで裕福な暮らしをするか
国を捨てて音楽に生きるか

一家で決断することに

1938年 33歳
家も職もないまま全てを捨て
家族と夢と音楽に生きるためニューヨークへ

ちなみにこの時 マリアは妊娠中

アメリカ ニューヨークでの成功と挫折

そしてアメリカの初舞台も成功
コンサートも成功(´˘`)

ビザの延長がダメで
一度ヨーロッパに戻ることに。
この時 いろんな人から裏切り者扱いされます

1939年 再度アメリカに戻り

演奏をつづけるも
契約を打ち切りに
どうやらあまりにもスタイルが重すぎて古すぎて( ̄▽ ̄;)

内容やプログラムを変え
聖歌隊→トラップファミリー合唱団
衣装も変え、民謡もいれ、みんなが楽しめるものに

1940年 35歳 合唱団再スタート
演奏旅行が大成功で借金全てチャラ!

♪───O(≧∇≦)O────♪

そのころヴァーモント州 ストウで別荘を借り受け故郷によく似てて…つい…!

f:id:sombem8739:20171223081036j:image

1944年 39歳 そこをミュージックキャンプに!大盛況🎶

しかし
1947年 42歳 ゲオルク死去
悲しみに暮れますが
その後も世界各国を演奏旅行

みんな成長し、新しい家族をもち
個性を生かすため

1956年 51歳 合唱団の解散
彼らの人生自体を作品にミュージカルに

1965年 60歳

映画 『サウンド オブ ミュージック』
公開 世界で大人気に

太陽のような彼女も
1987年 82歳 死去

関連書籍☆彡

マリア・フォン・トラップの生き方から学ぶ

マリア・フォン・トラップが生きた時代はまさに日露戦争に始まりベトナム戦争で終わるような戦争が多くありました。マリア・フォン・トラップも小さい時に両親を亡くし、嫌な思いやつらい思いをずっとしてきて、その思いをいつも音楽にぶつけて生きた女性です。けど天真爛漫な性格はやはり大きくなっても変わらず、それが今度はトラップ家という新しい人生のドアをたたくことになるのです。私はつらいやっぱり環境や状況のせいにして、何もできなかったりやる気もおきなかったりします。夢を追いたいけど、人生辛いこと多いし、それにお金もないし。
マリア・フォン・トラップの場合、すべてそれがのしかかりました。それ以上につらいことが人生で実際に起こりました。自身も全財産がきえ、借金、キャンプロッジが火災など幾多の困難があり
マリア・フォン・トラップの人生と時代が不協和音を奏でてますが、家族とともに音楽に全てをかけたappassionato(情熱的な)な生き方だなと思います。この考え、不満を情熱に変える力はこれからの私たちに必要な力ですよね。みなさんならどんな不満をどんなふうに情熱に変えますか?

ではでは
Merry Christmas🎄🎁

参考文献:マリア・フォン・トラップ/集英社/ 谷口由美子著

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする