高齢社会に人口減 日本に高度◯◯成長社会到来予定中な理由

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはー!そんべんです(^o^)

今回は人物編お休み
読んでるみなさんにクイズ出そうと思います!

日本では1950年後半〜70年前まで高度経済成長がありました。
今後日本に高度◯◯成長社会到来すると思われます。
さて、この◯◯には何が入るでしょう?
カキカキカキカキφ(・
答えはあとで発表!

今回は日本のすごいところと未来に関して考えて生きたいと思います。

【目次】
1.人手不足から来る問題
2.縦に長い国日本
3.日本の未来と人口
4.新しい価値観と昔の常識の狭間

人手不足から来る問題

最近ニュースや新聞を見ていると、やたら物騒な話とかやたら他の人の踏み込んだ人間関係の話がニュースになってますよね!

暗すぎるニュース見てさらに暗くなる…。

会社行ってさらにクレームとかきついこと言われる。
家帰ってもう疲労困憊。
人生の再生ボタンを押すの繰り返し。負の連鎖です!

最近は人手不足すぎて倒産のニュース、働き方改革、どーなるのかなぁ。
人口が減る、高齢者の割合が増えるだけでこんなにも悩まされるのか。
( ˙³˙)( ˙³˙)( ˙³˙)( ˙³˙)

そして今はAIでそれを解消しようとしてます。

根本的には人口減から来る悩み
人手足りないなら、そう人の手が足りない。

ならば子どもを産み、育て、人口を増やしたほうがよっぽど早いんじゃないか…。

と単純に考えてるわたし。

しかしなぜか日本は人の手である人口増加よりもむしろロボ開発に頑張ってるように感じでしまいます。
どこ行った人の手笑!

20180203090610

個人的にはロボ開発の方が大変なのではと思います。

日本の場合、人が足りないならロボ作る。
まあ色んな理由としがらみ、問題があるので、そうスムーズにいかないのだと分ります。
いやいや、これまで色々対策してきたんだけど
私が勉強してないし知らないだけでしょ?

…あると思います。笑
そこは否めない!(_)

しかし人口が減るは実は1970年くらいから、わかってたようです。

というかその時点で高齢化社会になりました!

当たり前ですがロボは1年で出来ても、
20歳の人は20年経たないと存在しません!

今、当たり前のことを超ドヤ顔で言いました( ̄▽ ̄)☆笑

80歳は80年経たないと生まれません!
ローマは一日してならず!
老婆も一日してならず!

綾小路きみまろさんより

でも人口が減るのは高度社会になって豊かになったという証拠でもあります。
昔の子どもは働き手という面が強く、機械化したため子供に働き手ということを押し付ける必要は減りました。

子供にとって歴史的に見ても今は整った環境にいると言えるでしょう。

人手不足から来る問題

歴史、日本の歴史。

日本は割と、というか長い歴史をもった縦に細長い国です。
世界の歴史を見てみると大体みんな殺戮を繰り返し、王朝が変わり、王族と変わり、侵略に植民地という感じです。

日本とたくさん色んな乱、戦いがあるんですが、
すごいことは天皇、つまりトップがずーっと続いてるんです。

歴史の年表見てるとずーっと縦に続いてる国って日本だけなんですよね!
実はこれすごいこと!

新しく作るより、守りぬく続けていくことの方が大変なんですよね。

日本の未来と人口

2100年 どーなってるのか人口は8300万人
減ってますね!かなり減ってます!
でもこのころ他の国はどーなのか?

ほかの現先進国でさえ高齢社会迎えてます。

中国やインドでさえ仲間いり。
入ってないのはアフリカくらい。
人口の引き上げもアフリカがいるから、なんか割と人口あるねって思っちゃう。

ということは、日本って今
超超超超超超超超超先進国じゃないですか!
もう高齢社会は逃げられず、受け止める。
しかも開き直るレベルで受け止める態度が必要です。

なのでもう開き直り作戦を取るしかない
( ̄▽ ̄)

高齢社会であることをベースに国全体で◯◯社会になるつもり!なのでみんな頑張ろう☆
という新しい国のロールモデルをもっとアピールしてみても良いのかも。

引き合いに出すべきではありませんが、戦争中もお国の為という理由で結束してた時代があります。
みんなやってるからやる。ならみんなで乗り切ろうという気持ちが働きやすい民族かと思います。
良くも悪くもマインドコントロールしやすい民族かもしれません( ̄∇ ̄)笑

なのでこの国難もみんなでこーゆーとこ目指してるから、みんなでこっち行こう!
と民族的な性格をうまく利用していいのではないのでしょうか。

それがうまくいけば他の国もどうこの高齢社会を乗り切るか、他の国のロールモデルになるかとしれません。

そしたら外国から応援したいとのことで、外資が増えるかも…!笑
優秀な人材や投資家増えるかも…!

20180203091015

ほかの先進国もスピードダウンは可能ですが、高齢社会の国難に遅かれ早かれぶつかります。

日本はそれをピンチじゃなくて、
先駆けの新しい考えや人生、
哲学を世界に提唱できる一番最初の国って考えたら、
なんだかワクワクしますね!
:.。. o(≧▽≦)o .。.:

新しい価値観と昔の常識の狭間

現在将来に不安や悩みがない人はほぼ居ないと思います。日本で頑張ってない人の方が少ないのでは…?

働き方改革で変わる価値観、もっと個人の生き方になる。

わかるけど、
他の人や周りを見てもやってるように思えないし、
まだ実感ないし、

やるとしても
何を?どーやって?どんな風に?

新しく価値観と昔の常識の狭間で
生きづらさを感じるのが当たり前で、生き方に悩む本がたくさん出てます。

私も悩みます…。めちゃ悩みます。

無理に元気出せとは思いませんが、長所って短所だし短所って長所だと思います。
高齢社会も然り。

関連書籍☆彡

では最後に答えですが

日本に今後、高度◯◯成長社会到来?????

正解は…

自分で考えてください!笑

うわー、なんだそれ!出題者失格!笑
クイズのやる気が感じられない!

( ̄▽ ̄)

言えることはこれからは個人一人にスポットが当てられる社会が来ます。
というか既に来てます。
なので◯◯は個人一人一人が思い思いに入れるのが適切なのではないでしょうか?

ではでは
ちゃおちゃお🐾

20180203091321

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする