死後に続出 誰が本当の王女なのか 悲しみのロシア皇女アナスタシア

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

どーも!そんべんです^o^

プーチン大統領が訪日して早一年になるとのこと…
ロシアつながりで
いまだ謎大き   第9人目この人物

今回はアナスタシア🌟

f:id:sombem8739:20171213204910j:image

ロシア最後の王朝  アナスタシア

 
1901 第四子にして四番目の皇女として誕生
 父ロシア皇帝 ニコライ二世/母イギリスのヴィクトリア女の孫 アレクサンドラ皇后

第四子にして四番目の皇女として誕生

アナスタシアが生まれた瞬間
民衆から「えー!また女の子!?男の子生まれないの?」と
あんまりwelcomeモードではない感じ
落胆モード😕😮😕😮

母 アレクサンドラは
男の子を生むプレッシャーがガンガン
 

毎日きっと「男の子出産男の子出産」と思っていたに違いない!
そんな母の荷が下りて

1903 弟アレクセイ誕生

f:id:sombem8739:20171213205009j:image
なんとイケメンなの(⋈◍>◡<◍)。✧♡

父母が子供に愛情を多く与え
帝都ペテルブルクから離れた離宮に住み
公園や菜園が
動物も多く飼い
裕福で幸せな幼少時代をすごします(^▽^)

f:id:sombem8739:20171213205139j:image

アナスタナシアは姉と比べて

容姿に劣るとのことで
写真で見る限りそーかな?って思うけども
いたずらでやんちゃな女の子に☆

ロシア革命とロマノフ王朝

彼女が生きていた時ののロシアはどんな状況だったのでしょうか?( 一一)

1904 日露戦争
1905 サンクトペテルブルグで労働者のデモ隊に軍隊が発砲する
そうあの有名な血の日曜事件

第一次ロシア革命に
とにかく歴史的に見ても
ロシア大混乱まっただなか

1917年 さらに革命が激化(二月革命に)
新政府が生まれる

 

なんとパパ ニコライ二世が退位させられます

元皇帝一家ととしてサンクトペテルブルグに近いところに監禁され

さらにシベリアのドボリスクに移動させられ

更には新政府が崩壊
権力者が変わったことで状況悪化(ケレンスキーからレーニンになります)

ここでソビエト連邦に

そんな皇帝一家さらにお引越し
普通に過ごしいのにぃぃぃぃぃ(+_+)
ほっといてよぉぉぉぉぉって感じですよね

皇帝一家の離宮
アレクサンドロフスキー宮殿

f:id:sombem8739:20171213210442j:image

前はこんな綺麗なとこに遊びに行って過ごしてたのに

f:id:sombem8739:20171213210709j:image

インスタ映えしする部屋たち(^_-)-☆
アナスタシアが現世生きてたら、
毎日部屋をバックに姉たちと自撮りしまくってたはず!

#自分の部屋
#今日のコーデ
#今からパーティ
#国賓と大臣来る
#即レス出来ないのツラ

コメントやはり皇女ですな📝…

と回想してたかは別として
ウラル山中の工業都市にお引越しさせられます
苦しい生活をしいられます

とにかく寒いよ!と思ってたはず
この状況でさえ辛いのに
本当は宮殿で楽しく過ごしてるはずなのに:;(∩´﹏`∩);:

最悪な出来事が起こってしまいます。

1918年7月16日 17歳

眠っていた一家は寝耳に水なまま
銃殺されてしまいます

アナスタシアの死後 ざわつくロシア

一家は亡くなったはずですが
アナスタナシアは生きているといううわさが広がります。

そう、もし生きていれば

遺産相続権がもらえる!!!!

オレオレ詐欺じゃないですが
あたしあたしアナスタナシアって人が続々出てくる
もうわんさか軽く20〜30人くらい!出てくる出てくる
コンペなのかなんなのか…(´・ω・`)

だれも法的に認められた人はナシ
あたしあたし詐欺だったのかな?

皇族からの支持も受け
有力視されたアンダーソンという女性でさえ
死後のDNA鑑定で別人でした

てゆーか誰だよ!アンダーソン!笑


もー完全にあたしあたし詐欺だよ!!!
ちなみにこれは

映画化されてます笑笑
嘘つき通しすぎてなんだか勇ましいですわ

1991年 エカテリンブルクで多数の遺体が発見され
皇帝一家のものである可能性が
残された一家の髪の毛とDNAの比較が行われ、皇帝のものであるとのこと!

でも未だこれに否定する人があり
いまだ謎…

2008年10月
皇帝一家の処刑を「政治弾圧」として認め名誉が回復します
関連書籍☆彡

アナスタシアの生き方から学ぶ

まだ若くて、青春真っ只中時代の混乱に巻き込まれたアナスタシア。普通の女の子として生まれていたらこんな悲惨な最期ではなかったはずです。でも皇女として生まれた運命なのでしょうか。これを運命という言葉で片づけてしまっていいのか分かりません。 革命の流れに身を投じなければならずただ皇帝の娘として生まれただけなのに。もっと違う世界を見たかったり経験したかったのかなぁと勝手にアナスタシアの気持ちを想像してしまいます。アナスタシアは生まれも生き方も死に方も選ぶことが出来なかった運命でした。それに比べて現代の私たちはどうでしょうか?アナスタシアが亡くなってから2018年で100年。現代の私たちは生まれ方死に方は変えられないけど生き方は変えられる権利と自由がありますよね。アナスタシアがもし現世を生きてたら、どんな女の子だったのでしょうかね?

ではでは
ちゃおちゃお🐾

参考文献:お姫様図鑑/ブレインナビ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする